Tadeusz Lakota


またやってもーたー。

新しいラバーを貼るたびにガタガタでおブスな断面に切ってしまう!

あるあるですよね。

みなさんはどうやって卓球のラバーを貼っていますか?

卓球ショップのサービス?それとも自分で?

少なくともこの記事に興味を持っていただいたあなたは、自分で卓球のラバーを貼ろうと思っている方だと思います。

でも、自分で貼るとガタガタになってしまうんですよね。

実は僕もそうだったんです。

自分のラバーなら自己責任なので気にならないのですが、人のラバーを貼るとなると話は別ですからね。

そこで、卓球ラバーを貼るプロ販売員に相談したところ、すげー技を教えていただきました!

これは間違いなく保存版です。

今回は【絶対に失敗しない】卓球ラバーの貼り方をお教えします!

ついでに、おすすめの接着剤もランキング形式でご紹介しますね。

 

切り方さえマスターすれば失敗しない!

ラバーを貼る際に一番気になることは、切り口がガタガタになることだと思います。

見た目がまず悪いですよね。

しかも、スポンジ部分の修正ってホント難しいんです。

失敗したら修正は非常に困難ですから、冗談抜きでワンチャンスしかありません。

まずは、失敗の事例から御覧ください。

ラバー貼り失敗例 2選!

ながいハサミつかえばいいんでしょ!?

カッターナイフが一番でしょ!?

んー?どちらも正解でどちらも不正解です。

慣れた人ならハサミでもカッターでも超クオリティで切る方がおられます。

慣れた人なら。です。

今回ご提案するのは、"初めて"でも絶対に失敗しない。最高クオリティに仕上げる方法です。

こんな失敗をしないようによーく読んでくださいね☆

失敗例その1 ハサミでガタガタに!

良く使われる手法としては、長い裁ちばさみを使って切る方法。

熟練の方ならほんとにめちゃくちゃキレイに切ります。

でも、いざ長い裁ちばさみを購入して自分でやってみると、、、、
"こんな感じでキレイにきればいいんでしょ!?"

"チョキチョキ!"

"チョキチョキ・・・・やべぇ"

''うわぁああああああああ"

やってしまいましたね。

まさかの失敗。

丁寧にしたつもりなんですけどね。

意外と難しいんですこれが。

ハサミの角度が変わってしまうと、斜めに切れてしまったりで、やばめです!

失敗例その2 カッターでボロボロに!

次に良く見るのがカッターナイフを使用した切り方。

これは、何度も切らないという点でとても理にかなっていてワンストロークで切ることができるので、丁寧に切ればなかなかいい感じにカットすることが可能です。

ではやってみましょう。

"こうやってやればいいんでしょ?"

"おお!いい感じっぽい!"

"これは簡単だ!!"
"!?!!!?!?!?!??!?!???"

"まさかの・・・・。"

特に最近のテンション系裏ソフトラバーの場合は、トップシートが非常に繊細なんです。

一見、キレイに切れているように見えるんですが、、、

実は、押さえて切る時にスポンジやゴムの部分がカッターの刃による摩擦で引きつれてしまってボロボロに、、、、。

コレはショックです。

テナジーをはじめとする高価なラバーでこの状況は悲しいです。

修正を失敗してズタボロに。。。

変になった部分は切って修正しようと思いますよね。

まぁ、それ以外に選択肢も無いですし。。。

はい。お疲れ様です。

こうなってはもうダメですね。

もう諦めましょう。

おブスな断面でプレーするしかありません。

交換の必要は無いし、捨てなくてもいいですよ。

実用にはほぼ影響はないですし、もったいないですからね!

"こうなる前にはやく教えろ!"

って声が聞こえてきそうなので、そろそろ本題へまいりましょう!

初心者でも失敗しないラバーの貼り方

では、本題に入ります。

今回お教えする切り方は、実はハサミもカッターナイフもどちらも必要なんです。

実は我々のような見習いラバー貼り職人にはハイブリット方式が一番らしいのです。

用意するものはこちら!

  • よく切れるカッターナイフ
  • 刃渡りの長いハサミ(裁ちばさみがベスト)
  • カッターマット
  • ラバー保護シート
  • 卓球ラバー用水溶性接着剤

ラケットとラバーも忘れずに用意しましょうね。

今回使用した水溶性接着剤はandroのターボフィックスです。

保護シートは同じくandroの粘着保護シートです。

よく切れるカッターナイフ

極卓屋で使用しているのは、

オルファのスピードブレードです。

何本もカッターナイフを使用してたどり着きました。

まさにカッター界のテナジーといったところ。笑

性能が段違いです。

18mmの大きいサイズの刃がおすすめです。

このカッターナイフのすごいところは、刃にフッ素コーティングがされているところです。

フッ素コーティングによって摩擦係数を減らし、明らかに軽い触感でカットできます。

刃先のコーティングが剥がれやすいので、ラケット1本分で1つツメを折ってもいいかもしれません。

そのままでも十分な切れ味は保たれます。

一般的に白刃と黒刃の違いは切断面が"より"鋭利なのが黒刃。

つまり、よく切れる刃なので、失敗したくない方は黒刃のカッターを選択しましょう!

刃渡りの長いハサミ(裁ちばさみ)

現在極卓屋で使用しているのは、

庄三郎の全長240mmの裁ちばさみを使用しています。

裁ちばさみの中では超高級なハサミですが、ラバーを上手に切るためにこのハサミにたどり着いただけで、正直どんなハサミでも大丈夫です。

できれば、刃渡りが長くて、切れ味の良さそうなハサミをおすすめします。

ちなみに庄三郎の裁ちばさみはメチャクチャいいです。

適度に重く、ラケットに沿った刃入れができるのでキレイに切れます!

カッターマット

カッターマットはラケットのブレードが乗れば良いので、A4からA3サイズのものが取り回しがよくておすすめです。

極卓屋で使用しているカッターマットは折りたたんで収納できるので、少し大きめのA3サイズを使用しています。

広げても隙間が全くきにならないので、普通にカッターで細かい作業をする可能性がある方にもおすすめです。

安全のためと机が傷つくので、必ずカッターマットは用意しましょうね。

ラバー保護シート

ラバー保護シートは、実は切る前から貼り付けてしまいます。

実はラバーを貼るときにラバーを伸ばしながら貼ってしまうとラバー本来の十分な性能が得られない上に、

少し周りが剥がれた時に、元の形に戻る力が働いて一気にめくれてしまうことがあります。

貼り直す際も縮んだようになってしまうので、注意が必要なんです。

そこで、しっかりとした硬さの保護シートを貼ることで貼り付け時の伸びを抑えると共に切る際の安定感を引き出します。

さらに、ハサミがトップシートの表面に引っかからなくなるので、あの忌々しいガタガタを抑えることができます。

実は一番大切な要素と言っても過言ではないので、必ず用意しましょう。

切ったあとも本来の目的の保護シートとして使えるので一石二鳥ですね。

卓球ラバー用水溶性接着剤

接着剤は卓球専用の水溶性接着剤を使用してください。

初心者はサラサラ系の接着剤が取り回しが良くておすすめです。

おすすめはandroのターボフィックスです。

サラサラしていてすばやく塗れるのでムラが少なく、乾くのが早いのでおすすめです。

接着力が強く、人気ののファインジップはもたもたしていると乾き始めてダマになってしまうことがあるので慣れてから使用しましょう。


【実践】失敗しないラバー貼り

ご紹介した用具とラケット、ラバーはご用意できましたか?

それでは、今から実践に移りますね。

ラバーを貼る前はしっかりと落ち着いて。

深呼吸をしてリラックスしましょう。

焦るといくらこの方法でも失敗してしまいますよ。

ラバーの表面に保護シートを貼り付ける

まずは開封したラバーに保護シートを貼り付けます。

できる限り気泡がはいらないように気をつけてください。

ラバーよりも保護シートが小さい場合がありますがそこは気にしない。

ブレードよりも小さいってことは基本的にありえないのでご安心を。

ラバーが曲がったり、歪んでいればうまく貼れていないので、

もう一度慎重に貼りましょうね。

ラケットとラバーに接着剤を塗る

ラバーを裏返して、スポンジ面に均一に接着剤を塗ります。

今回使用のターボフィックスの場合は10円玉大の大きさを目安に接着剤をラバーに出しましょう。

ラケットは作業の都合上片面ずつ塗塗るのがオススメです。

できるだけすばやく、キレイに。

薄くでいいですからね。

ラケットにも同様に薄く接着剤を塗ります。

ラケットは木目に沿って塗るのがキレイに伸びておすすめです。

あまり時間をかけるとラケットは特にダマができやすいので注意!

乾かす。

温度や湿度によって乾くスピードは全然違います。

梅雨の時期や冬は乾くのが遅いですが、気温の高い夏や湿度の低い晴れた日はかなり速く乾きます。

表面が透明になるまで根気よく乾かしましょう。

焦りは禁物です。とにかく落ち着いて、時間をたっぷり確保しましょう。

乾いたらいよいよ貼り付けのときです!

貼り付け。丁寧かつ一気に。

いよいよラバーの貼り付けです。

接着剤は一度剥がすとやり直しがききませんので、センターラインを合わせて平行に置くように。

丁寧かつ大胆にいきましょう。

伸ばしながら貼らない用に注意してください。

上から均一に押さえるようにしっかりと貼り付けます。

本など平らなものを当てて上から圧着しても構いませんし、手でギュッギュとしても構いません。

しっかり張り合わせることが大切です。

ときにもやはり保護シートは約に立ちますね。直接トップシートに触れないので、新品が保たれます。

スポンジ層のみカッターで切る

いよいよカッターナイフの登場です。

できるだけ刃先は新しいものを使用しましょう。

切れ味と滑りは刃先が新しいほど良いですよ!

スポンジ層だけカッターナイフで切ります。

しっかりとラケットを上から押さえてずれないように注意しましょう。

ラケットに沿って注意しながら刃を入れます。

刃の角度は30°くらいがオススメです。

立てすぎると引っ掛かりが多く、寝かしすぎると今切れているところがわかりにくくなります。

スポンジの層のみ切るのは難しいように感じるかもしれませんが、

トップシートの層はわかりにくいように思うかもしれませんが、比較的簡単にわかると思います。

スポンジとトップシートでは切れやすさが違いますので、注意深く感覚をつかみましょう。

刃を進める中で、"ブチブチ"と音がなりますが、これは、トップシートの粒が切れる音です。

粒のあるところは抵抗があり、無いところは抵抗が少なくなるので、この感覚が伝わる部分をラケットの端に沿わせながらカットしましょう。

ハサミと違い、途中で刃を抜いても丁寧に刃を戻せば再開したときのガタツキは微々たるものです。

できるだけ一回で切りたいところですが、安全面も考慮し、常に自分の正面で切れるようにラケットをずらしながら行いましょう。

この部分で失敗(ブレードより大きく切ってしまうなど)すると、修正が難しいので、超集中モードで作業しましょうね。

切り終わるとこんな感じです!
なかなかいい感じの断面でしょ!?(一部スポンジがはみ出てますが笑)

ハサミでトップシートを切る!

いよいよ終盤。

あとは残ったトップシートの部分をハサミでカットしていきます。

ラバーの一番端から切るのですが、刃の奥からカットすることをおすすめします!

刃の奥に入らない場合は、先に1センチ位先端で切り込みを入れるといい感じになります。

こちらも慎重に切りましょう。

先端を少し切り終わったら奥の歯から先端にかけて、

長いストロークでラケットに沿わしながら切ります。

実はこのとき、粘着シートがゴムを安定させる効果を発揮しています。

かつ、表面が滑るおかげで、ハサミの刃によるゴムの変形を最小限に押さえてくれています。

熟練になれば無くてもキレイに切れますが、粘着シート有りでは安定感が全然違います!

少しずつ切ってもゴムの形状が安定しているので、焦らず切りましょうね。

すべて切り終わりました!

どうですか。あなたの切ったラバーの断面をみてください。

結構キレイでしょ!?

修正はハサミで!

修正が必要な場合はハサミの先端で優しく慎重にカットしましょう。

実はスポンジの断面をキレイに仕上げていれば、ほとんど修正の必要も無くガタツキがあってもキレイに見えます。

修正は深追いしないことが大切です。

完成!!初心者とは思えないクオリティのラバー貼り!!


いかがですか。

初心者が切ったとは思えないクオリティのはずです!

さあ、あなたも実践してみましょう!

自分でラバーを貼れば愛着もコレまで以上に湧きますし、卓球の楽しさを更に感じることが出来るとおもいます!

では、初心者におすすめの卓球ラバー用の接着剤のおすすめを4選ご紹介しておきます。

初心者におすすめの卓球ラバー用接着剤3選!

初心者におすすめということで、扱いやすさの観点から

失敗しにくく、簡単に扱える接着剤をPick upしました。

1位 ターボフィックス 37ml

  • 粘稠度    ★★☆☆☆
  • 伸びやすさ  ★★★★★
  • 乾燥速度   ★★★★☆
  • 接着力    ★★★☆☆
  • 総合     ★★★★☆
  • 定価     1,400円(税込1,512円)

伸びやすく貼りやすいサラサラ系接着剤のエース

初心者目線で必要な要素は、よく伸び、扱いやすいことが絶対的条件だと考えます。

しかも、ターボフィックスは最初から塗布用のスポンジとクリップが付属しているので、

他に何も買わなくても良い点から初心者のラバー貼りに最もオススメのアイテムとなりました。

接着剤がサラサラしているので、非常に伸びやすく、ムラができにくいのが特徴です。

乾燥速度はとてもはやいです。

だからといって塗ってるそばから乾くってことは無いので、初めて塗る場合にも十分時間がある乾燥速度です。

ラケット面は表面の質感によってはダマができやすいものの、他の接着剤よりもかなり扱いやすい部類です。

『ターボフィックス』の詳細を確認する

2位 フリーチャック2

  • 粘稠度    ★★★☆☆
  • 伸びやすさ  ★★★★☆
  • 乾燥速度   ★★★☆☆
  • 接着力    ★★★★☆
  • 総合     ★★★★☆
  • 定価     400円(税込432円)

接着力十分、伸びやすさもあり扱いやすい接着剤

テナジーやロゼナ、スピンアートの接着に推奨されている接着剤です。

気泡の大きいスプリングスポンジと相性がよく、そこそこ伸びて、ダマになりにくく扱いやすい接着剤です。

ターボフィックスと比べると少し粘稠度が高く、トロトロとサラサラの中間といったかんじ。

初心者でも十分に扱えるし、お手頃価格です。

そのかわり、スポンジ等の、接着専用のアイテムは付属していないので、クリップスポンジなどを購入する必要があります。

『フリーチャック2』の詳細を確認する

3位 ファインジップ100

  • 粘稠度    ★★★★☆
  • 伸びやすさ  ★★★☆☆
  • 乾燥速度   ★★★☆☆
  • 接着力    ★★★★★
  • 総合     ★★★★☆
  • 定価     2,100円(税込2,268円)

絶大な安心感の接着力。接着層のリセットも簡単!慣れたらコレ!

ラバー貼りに慣れてきたらコレ!

もっとも人気の接着剤です。ドロドロしていて、ターボフィックスやフリーチャックに比べると

伸びない部類ですが、貼り直しの際に接着層の除去も簡単に行なえます。

均一に塗れば乾燥も比較的速く、試合中や大切な場面でも剥がれない安心感があります。

ラバー貼りに十分慣れてきたらファインジップを使用することをオススメします!

『ファインジップ100』の詳細を確認する

まとめ

以上、絶対に失敗しないラバーの貼り方と、初心者にオススメの水溶性接着剤3選でした。

何か困ったことがあればお気軽にお問い合わせくださいね!


関連記事
初心者におすすめの裏ソフトラバー5選
  • 初心者おすすめラバー、ラケット貼り合わせ済みセット
  • ゲリラセール特価商品
  • ラバー買うなら断然ネコポス
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
受注確認、商品の発送は土日祝を除く営業日に行っております。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る

カテゴリーから探す

コンテンツを見る