アンチラバーこそ至高の変化型ラバー。ナメてかかると大やけど!

『アンチラバーの使用者なんてほとんどいないでしょ?』

たしかにそうなんです。

異質系のラバーを使用する人の中でも、アンチラバーを使用しているプレイヤーはほとんどいません。


試合に参加していても、現役アンチラバー使いはほとんどいないのです。

なので、

対策しないで大丈夫!

なんて考えていたら、試合で対戦するはめになったとき痛い目を見ます!

熟練のアンチラバープレイヤーと対戦すると、手も足も出ずボッコボコにやられます。(経験済み)

でも、対策しようと思った時に気づくのです。

"アンチラバー対策とかできなくない?"

"だってほとんどいないのだから。"


世の中にはアンチラバーを巧みに操るカットマンや、異質攻撃タイプの選手がいるのも事実です。

でも、対策できないんですよね!泣

つまり、アンチラバー使用者が絶滅危惧に陥っている今、あえて使うというのは、わざわざ誰も対策を立てない(立てられない)という観点からも非常に有効な戦型で戦略であると言えます。

ということで。

今回は、アンチラバーを使ってみようかなーって考えてる方。

そんな知略に長けたあなたにとっておきのアンチラバーの戦略の極意とおすすめのアンチラバーを公開します!

 

そもそも、アンチラバーって?特徴は?

アンチラバーは裏ソフトラバーの表面の摩擦係数を限界まで落としツルッツルのサラッサラにしたものをいいます。

イメージとしては、極限まで死んだラバーに片栗粉をまぶしたようなサラサラ感です。

となると、アンチラバーに当たったボールは回転が"ほぼ"残るわけです。

さらに反発性を抑えた非常に柔らかいスポンジを使用することにより、球威を吸収してしまうので、回転はめっちゃかかってる(残ってる)のにゆるいボールが打てるんですね。

しかし、それだけでアンチラバーは終わりません。

回転すら吸収して、ナックルボールを出すことも可能です。

極めつけは、回転の増幅です。

受けるボールの回転方向にうまく食い込ませて打球すると、回転が増幅されるのです。

まさに

ツルツルの表面ではサーブやツッツキ、ドライブなど自分から回転をかけていく技術に関しては残念ながら全く期待できません。

卓球では回転がかかるラバーほど好まれる傾向からすると、自ら回転をかけることが難しいアンチラバー。

回転をかけるのではなく回転を残す。ときには殺し、時には生かす。

逆にカッコいい!

歴史のあるラバーですが、超型破りなラバーがアンチラバーです。

どんな戦型がおすすめ?どうやって使う?

アンチラバーを使用している選手はカットマンや反転ペンホルダーに多いです。

というのも、弾まない点や回転が残る(逆回転)になるという点で粒高と非常によくにた性能で、異質系の守備型選手か、稀ですが異質攻撃型の選手が使用しています。

なので、アンチラバーがおすすめの戦型はカットマンや異質系の前陣守備に向いています。

アンチラバーは普通のフォームでも打てる!

粒高と大きく違う点として、アンチラバーは普通に打球しても返球できるという点があります。

滑るので回転はほとんどかかりません。

でも、通常の裏ソフトラバーと同じフォームで打てるという点に関して、アンチラバーの可能性を感じませんか!?

感じてください!

~アンチラバーの極意~


では、いよいよアンチラバーの極意に迫ります。

~アンチラバーの極意~ その1 反転打法

打つ時に、アンチラバーと、裏ソフトラバー(高弾性、テンション系ラバー)を反転させながら打球し、混乱させる戦い方です。

前項で説明したとおり、アンチラバーは普通の打法でも扱えます。

つまり、同じフォームで反転させながら打つだけで相手は対応が遅れるのです。

この打法で、特に有用なのがブロックです。

アンチラバーでブロックするとナックルや下回転で返球することが可能です。

カット性のショートブロックなら相手の回転を活かして下回転を増幅させて返球することができます。

これだけでも十分に驚異なんですが、これに、通常の裏ソフト(テンション系ラバーや高弾性ラバー)
を織り交ぜて返球すると、普通のブロックをしているだけなのに、相手は球のスピードも性質も全然違ったブロックをされていると錯覚します。

これが恐ろしいほど効果的。

アンチラバーでリズムを作り、相手が慣れる頃にスピードのある返球をすると、一気にペースが崩れます。

おすすめの比率はアンチラバーでの打球3回に対して裏ソフトラバー1回

3:1

これが黄金比です。

~アンチラバーの極意~ その2 スーパーレシーブ

アンチラバーのスリップ効果を最大限に活かしたレシーブ方法です。

おすすめのスーパーレシーブの方法は2つあります。

一つは回転を増幅させるレシーブ法。イレギュラーバウンドが最もよくおこるレシーブ法です。

もう一つはレシーブエースも可能な鋭いコースを狙うレシーブ法です。

特に横回転系のサーブに対して有効で、習得すれば相手のサーブは単調になり試合のペースをコントロールできるでしょう。

その方法はとっても簡単です。

【回転増幅レシーブ】
回転を増幅させるには、食い込ませつつ同じ回転方向に擦る。

これが最も重要です。

つまり、回転をそのまま残し、さらにひと手間加えることで、回転数を増幅させるということです。

コツは、しっかりとスポンジに食い込ませるように意識することです。

アンチラバーのほとんどが超ソフトスポンジを採用しているので、比較的容易に習得できると思います。

"スポンジに食い込ませつつ回転方向に擦る"

この感覚が身につけば球威を殺しつつ回転を増幅できるので、台上で2バウンドさせることも可能です。

台上で、あまりにゆるい球に対して強く返球することは非常に困難です。

力をこめて返球できないので、回転に負けて自滅させる恐ろしいレシーブ法がこの、

回転増幅レシーブです。

【フェイントレシーブ】
実はアンチラバーのお家芸とも言えるレシーブ法です。

スリップ効果を最大限に活かすことによって、相手の意図しない方向にレシーブが可能です。

相手の選手がパターン練習を重視する選手ぼ場合、絶対的な効果があります。

高摩擦を重視する裏ソフトラバーではレシーブで意表をつくコースを狙うのは非常に難しいですね。

回転に影響されてコースがある程度限定される為です。

が、アンチラバーなら回転の影響を"ほとんど受けない"ので、例えばスイング的にはクロスに打つように見えるけど、ストレートに返球する。

なんてことが 容易にできるのです。

コツは、狙いたいコースに合わせてラケットの角度を変えて滑らせるように打つだけ。

打球は強めで長いコースがおすすめです。

やはり、アンチラバー対策を十分にできず慣れない選手にとっては驚異的で1セット目で完全に心を折られることもあります。

サーブが単調になったら??

スーパーレシーブで攻めていると相手のサーブは単調になりがちです。

ほとんどの場合、回転系サーブは使わなくなりナックル、ロングサーブ、下回転がメインになります。

回転の少ないボールに対して、アンチラバーはナックルがメインの返球になるためです。

実はそこにスキが生じることが多く、実は単調になればなるほどアンチラバーにとっての弱点が露呈してしまう状況ともいえるのです。

しかし、コレを読んでいるあなたは、それすらチャンスボールに思えるでしょう。

バックハンドに自信のあるかたは、ラケットを反転させてチキータやバックドライブのチャンスですね。

アンチラバーを仕様していても、バックハンドの技術は練習しておいたほうが良いです。

では、下回転に対してはどう対処すれば良いでしょうか。

保守的な心理下では下回転は安全な試合運びをする上で最もよく選択されます。

裏ソフトラバーで思いきりツッツキをするのも効果的ですが、アンチラバーでプッシュするのもオススメです!

ということで、最後の極意はプッシュです。

~アンチラバーの極意~ その3 プッシュ!

粒高やアンチラバーの特権の一つにプッシュという技術がありますね。

やはり、回転の影響を受けにくいことからできる技なんですが、下回転に対するプッシュ攻撃は相手にとって非常にやり辛いのです。

揺れるナックルは相手の心も揺さぶります。

甘く捌けばネットミス。

ツッツキをすれば、浮いてチャンスボール。

ドライブすればオーバーミス。。。

どうしたらいいんだ!!と。嘆きたくなるようなプッシュがアンチラバーなら可能なんです。

プッシュのポイントは、

台とほぼ垂直にラケットを立てて、そのまま押し出す。

これだけです。

イメージとしては、ラケットの芯で打つ感覚です。

アンチラバーの場合は少しスイングしてもしっかりと返球できます。

むしろ、強めのプッシュをガンガンできるので、積極的に使うべきです!

下回転を垂直で押す!?落ちない?

そんな恐怖心は捨てましょう。

垂直に立ててしっかり押す。

それだけで、激揺れナックルプッシュが可能です。

なぜ、今アンチラバーがおすすめなのか。

余談ですが、過去にはフォアもバックも同色が認められていた時代もあり、

"どっちで打ったかわからない"

だから強い。

なんて時代があったそうですが、今は表裏で同色のラバーは禁止ですね。

これがアンチラバー衰退の原因と言われています。

しかし、衰退しきった今だからこそアンチラバーは効果的なのです。

たとえ試合の中でアンチラバーに慣れたとしても、これまでにアンチラバーと対戦した経験値が蓄積されていないために、思考の中に返球方法を考えるプロセスが生じます。

100分の1秒の世界で戦う卓球にとって"プロセスの追加"は致命的なミスに繋がるのです。

アンチラバーを扱うという選択は決して間違ってはいないと思います。

アンチラバーの極意でオリジナリティー溢れた変幻自在の異質プレーヤーを目指しましょう!


では、ここからはオススメのアンチラバーをご紹介したいと思います。

ここまで、アンチラバーをオススメしてきましたが、実は扱いは少し難しいんですよね。。。

その最大の理由は

アンチラバーの特性と打法を直接教えられる教えられるひとがほとんどいないから。

これに尽きます。

アンチラバーを使う人の多くが、自分で考え、勉強し、試行錯誤しながら慣れていきます。

チームで2人いるなんてことは、滅多に無いですよね。

でも、今回ご紹介したアンチラバーの極意を意識して練習すればきっと自分のものに出来ると確信しています。

ということで、おすすめの3選は初めてアンチラバーを使おうと思っている方に向けたオーソドックスなアンチラバーをご紹介したいと思います。


1位 アンチパワー

  • 変化幅    ★★★☆☆
  • スピード   ★★★☆☆
  • コントロール ★★★★☆
  • 価格     ★★★★★
  • 総合     ★★★★☆
  • 定価     2,200円(税込2,376円)

扱いやすさが特徴のアンチラバー

アンチラバーの中では、弾みやすくバランスの良い性能があります。

アンチラバーらしい低摩擦ですが、食い込ませて打つと回転をかけやすいラバーです。

適度な弾みがありプッシュなどの攻撃時にはしっかりとスピードがでますし、柔らかいスポンジなので、コントロールも上々です。

アンチラバーの中では変化幅はあまり高くありませんが、扱いやすく攻守のバランスが良いので、初めてのアンチラバーに大変オススメです。

また、ラバーの中では低価格なので、万が一プレースタイルに合わなくても最小限の出費で済むという点においても、優秀です。

滑りすぎず、少し弾むマイルドアンチラバーです。

『アンチパワー』の詳細を見る

2位 スーパーアンチ

  • 変化幅    ★★★★☆
  • スピード   ★★☆☆☆
  • コントロール ★★★★☆
  • 価格     ★★★★★
  • 総合     ★★★★☆
  • 定価     2,200円(税込2,376円)

守備に特化したスタンダードなアンチラバー

スーパーアンチは守備の面で非常に優秀なラバーです。

弾みはしっかりと抑えられていて、柔らかいスポンジが威力をしっかりと吸収してくれます。

攻撃に使用するには威力が物足りないですが、逆にボールを台上で留めるプレーがやりやすく前陣でミスを誘うのに適しています。

カットで使用の場合、ボールがしっかりと沈み、回転も増幅されるので、驚くくらいの高回転があかかります。

スポンジ硬度が20度と柔らかく、コントロール性にも長けているので、守備メインで粘るタイプにオススメです。

しかし反転打法を身につければ、ギャップのある攻撃で変幻自在なプレーが輝きます。

強弱の激しいプレーで相手を翻弄することも容易にこなしてしまうスーパーアンチはきっと強い味方になってくれますね。

『スーパーアンチ』の詳細を見る

3位 ベストアンチ

  • 変化幅    ★★★★☆
  • スピード   ★★★☆☆
  • コントロール ★★★★☆
  • 価格     ★★★★☆
  • 総合     ★★★★☆
  • 定価     2,800円(税込3,024円)

適度なバランスで扱いやすいアンチラバー

プッシュやブロックを多用するアンチマンにオススメなのがベストアンチです。

食い込ませることで、程よく回転がかかるのも良い点の一つですが、プッシュやブロックのやりやすさにベストアンチは長けています。

弾みが抑えられているので、強打に対しても返球しやすく、その際の変化幅はご紹介したアンチラバーの中ではトップクラスです。

扱いやすさだけでなく、変化に富んだ意外性を求める方にオススメです。

『ベストアンチ』の詳細を見る



  • 初心者おすすめラバー、ラケット貼り合わせ済みセット
  • ゲリラセール特価商品
  • ラバー買うなら断然ネコポス
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
受注確認、商品の発送は土日祝を除く営業日に行っております。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る

カテゴリーから探す

コンテンツを見る